FANDOM


概要 編集

ナチス・ドイツを率いた独裁者。

オルテ帝国の建国者で国父と呼ばれている。劇中では既に故人。

豊久達が召喚される60年ほど前のある日、酒場に現れ、天才的な演説と人心掌握能力をもって反乱を扇動し、最終的に帝国建国に至ったが、後に理由不明の自殺をした。十月機関は漂流者か廃棄物と推測していたが断定されていなかった。

サンジェルミ伯の言によれば漂流者であったとされ、彼からは「結果はどうであれ民衆をまとめて中央集権を作った」と、晴明からも「結果はどうであれ人々を救った」と評価されている。特徴的な小さな口髭を生やしているが、肖像画を見た信長から揶揄されており、グ=ビンネン通商ギルド連合の者達からも「チョビヒゲ」と侮称されている。