FANDOM


SlooProImg 20111028000428

概要 編集

幕末の動乱の時代に活躍した新選組の鬼の副長。廃棄物として黒王軍の中核を担う。外見は函館戦争の際に着用していた洋服であり、よく知られる新選組の隊服ではない。

士道を重んじる性格。しかし、戦国時代の豊久の考える武士道とは大きく異なる模様。戊辰戦争の経緯から、薩摩・長州の人間を恨んでおり、豊久にも異常な執着と憎悪を抱いている。

劇中での活躍 編集

豊久たちがオルテ帝国にクーデターを仕掛けた時と同じくして黒王軍の先駆けとしてオルテ首都の官邸を襲撃。ラスプーチンの政権奪取失敗後、豊久に一騎打ちを挑むと同時に傘下の兵による官邸奪取を仕掛ける。しかし、豊久と死闘を繰り広げる間に、信長とハンニバルの策により兵を殲滅させられ、黒王の命により心ならずも退却する。

能力 編集

新選組隊員の幻影を使役し、幻影を用いた集団戦闘を得意とする。土方本人の剣技もすさまじく、二刀流で城門を切り裂いていったり、作中屈指の剣客である豊久とも互角以上の戦いを繰り広げる。信長から「戦闘の合戦の玄人であるが帥の素人である」と称されるように、戦場での部隊の駆け引きに長ける戦術家であるが戦略家としての大局的視点が不足している。